防犯カメラの選び方

防犯カメラはどのように選べばいいのか?

とってもたくさんの種類があります。メーカーも多いですし、モデルも多いです。
それぞれ性能や搭載されている機能も違います。
選び方ですが、どういった利用目的なのから選ぶ方法がいいでしょう。
 
実際に設置するには業者にお願いすると思いますが、
まずはどんな防犯カメラがあるのかを目的別に知っておくといいでしょう。
 
1番目「防犯カメラで撮影した映像を録画したい場合」です。
この場合は、DVDやHDDなどの記録媒体が必要ですが、最近はUSBにバックアップできるタイプも多いです。
 
2番目「鮮明に写すことを優先する場合」です。
高画質なハイビジョン対応の機種を選ぶといいでしょう。
解像度が高いと拡大しても犯人の顔までハッキリ撮影されます。
 
3番目「遠隔地からでも映像を見たい場合」です。
iPhoneやAndroid携帯などのスマートフォンやタブレットで監視できるタイプを選ぶといいでしょう。
 
防犯カメラで犯罪抑止効果を考えているならば、防犯カメラだとハッキリわかるタイプを選ぶといいです。
 
 
防犯カメラを導入するきっかけになるのは?
 
オフィスビルやマンションでは不審者対策が必要になります。
周辺で盗難事件が起こったりすると、防犯カメラを設置することを検討しはじめます。
不審者の侵入を抑止するためには、はっきりと防犯カメラであることがわかったほうが抑止力になります。
 
目立つタイプはボックス型で、いかにも防犯カメラですよというタイプ。
防犯カメラの映像は管理員室の専用モニターでリアルにチェックできます。
そして、後日確認できるようにデジタルレコーダーを使って長期間記録が残せるタイプが一般的になっています。


防犯カメラの設置