防犯カメラの選び方

駅から近い便利なマンションでは防犯カメラが必須

2017年06月27日 18時06分

自転車の盗難や車上荒らしを防いだり犯人を特定したりできます。
それだけでなく夜間にゴミを不法投棄することもあります。
マンションの管理組合はセキュリティーを強化するために防犯カメラシステムの導入を考えることが多いです。
 
マンションで設置される場所は、エレベーター・ゴミ置き場周辺・駐輪場・駐車場・エントランスなどです。
特にエレベーターは狭い空間になります。
内部の映像をエレベーターに設置されたモニターに表示させるようなタイプが最近は多いです。
こうしておくと不審者が乗っているかどうかを事前に確認できます。
マンション居住者が安心できる環境になることはマンションの価値も上がります。
 
入居者からプライバシー侵害などのクレームはまず、ありません。
ドーム型ならば、それほど威圧感もないです。
安心感を得られるので不快な思いをする人は少ないのです。
もちろん、導入する前には、総会などで説明して了解をとることが必要です。